「運」がいい人に近づく3つの方法

2019.06.17

ツイてない=運が悪い?
最近、ツイていないことばかりで落ち込んでいるという方はいませんか?こんな時、人は「どうせ私には運がないんだ」と思いがちですが、果たして本当に運が悪いのが原因なのでしょうか?

一方で、何をやってもうまくいく強運の持ち主も存在するのも事実。なぜ同じ人間なのに、運が良い人と悪い人という構図が出来上がっているのでしょうか。

運が悪いと思う人の特徴
運の良い人にはいくつかの共通点がありますが、運が悪い人にももちろん似たような特徴があります。あなたはどれくらい当てはまっているか、まずはチェックしてみましょう。

・何をやるにも力みすぎてしまう
・物事のマイナス面ばかり見る
・最初から諦めている
・気持ちの入れ替えが上手くできない
・考え方が頑固で思い込みが強い
・視野が狭く、保守的

いかがですか?すべてに当てはまるからと言って、落ち込む必要はありません。運が悪いと思う人が運を良くするには、上記の特徴と“真逆のことをすればいい”だけで、実にシンプルなのです。

まずは「強運」になる土台作りから
運が無いなと感じる方の中で特に多いのは、体調が悪いということ。身体が健康であることは、強運になるための大前提とも言えます。そして、身体だけでなく心も健康であることが大切なのです。

不規則な生活を送っている場合はなるべく規則正しい生活を心がける、食生活が乱れている場合は栄養を考えながら3食しっかり食べるなど、日常生活で改めるべきところから見直してみましょう。

強運の流れに乗る方法

  1. 運の良い人と過ごす
    「類は友を呼ぶ」と言いますが、運の良い人は友だちも運の良い人同士である場合が多いでしょう。日頃、あなたは愚痴や不満を周りにぶつけていませんか?

あなたが理想とする姿を実現できている方のそばに行くことが、手っ取り早く強運になれる方法です。仮に周りにいなかったとしても、憧れのブロガーさんやFacebookからの情報などで運をアップすることも可能。

  1. 物事に一喜一憂しない
    事故やトラブルなど、いくら自分が気をつけていても想定しない出来事が起こることもあるでしょう。そんな時「あぁ、あと1分早く出ていれば良かったのに」などと自分を責めたり後悔していませんか?

あなたの意図しない出来事は“ただの出来事”であり、あなたの責任ではありません。感情に振り回されることなく、毎日平常心で淡々と過ごすことも運を味方につけるコツです。

  1. チャンスだと思ったら波に乗る
    自分が想像もしないチャンスに恵まれた時、これは運が流れ込んできた証拠。しかし、それをするには◯◯をして準備しないとできないなど保守的かつネガティブに考えていると、せっかくの運も流れてしまいます。

運が巡ってきたのだから深く考えずに「良くわからないけどやってみよう!」と直感的に行動することで、チャンスの波に乗ることができます。「今」の行動の積み重ねが、結果的に上手くいく可能性が高いのです。

行動すれば運はついてくる!
大切なのは、自分があるべき理想の姿に対し、「今」この瞬間にどう行動するかということ。いくら運が良いからといって、人の行動までは助けてくれません。強運を味方につけて、幸運体質に生まれ変わりましょう!


占いTOPICS(新着順)

「運」がいい人に近づく3つの方法

トピックス一覧へ

おすすめ占い(PR)

【無料】あなたの運勢丸わかり
提供:メシアン
極・おみくじで運勢丸わかり
提供:メシアン
【無料】あなたの守護動物は?
提供:メシアン
究極のおみくじで開運確定!
提供:メシアン
無料であなたの未来を占います
提供:フォレスト
あなたの1年後の人生は?
提供:フォレスト